コンセプト

代表 渥美 育子 プロフィール

写真:渥美 育子
マルチカルチュラル・プレーイングフィールド,
グローバル教育ドットコム社  代表取締役
一般社団法人 グローバル教育研究所 理事長

青山学院大学卒業後、カナダブリティシュ・コロンビア大学(創作科)、トロント大学、更に英国ケンブリッジ大学などで学び、その後、米国ウェールズレー大学、ハーバード大学ラドクリフ・バンテイング研究所等で「文化の世界伝播についての研究」に従事。

1983年、当時の米国企業が世界に盛んに進出し始めた際、幹部陣が米国の経営法をグローバルスタンダードだと信じ、各地でマネジメントに苦しんでいたことに対して、異文化マネジメント研修、コーチング、コンサルティングを行う(株)インターカルチュラル・ビジネス・センター(IBC)をボストン郊外に設立。

そして、1986年に米国タイム誌が異文化マネジメント研修のパイオニアとして同社を紹介したことをきっかけに、IBM・イーライリリー・フォードモーターズ・ゼロックス・デジタルエクイップメント・バシュロームなど、フォーチュン500のトップ企業の幹部から続々とセミナー実施の要請を受け、米国のマスコミからの取材、各地での講演の依頼が殺到するようになる。
特に、DuPont Worldwide社及びUnited Technologies Corporation(UTC)社に関しては、15年もの期間にわたって、幹部及び部下達の異文化ビジネス研修を任された。

1990年代に入り、「国際化」から「グローバル化」へと世界が変わっていく中で、多国籍企業からグローバル企業への変革を支援すべく、35ヶ国出身のインストラクターを集めるに至る。
また、一連のプロセスの中で、グローバルビジネス支援ツールとして、

等を開発して、以降の研修の柱となった。

2001年春には、アジア市場進出としてシンガポールにオフィスを構え、シンガポール政府(大蔵省・通産省・交通観光省)やデンソーインターナショナル等に対して、同様の支援を行うようになる。

そして同年9月、米国同時多発テロを間近で体験し、人生観が一変。企業教育だけでなく、子どもたちにも「世界共通教育」の必要性を痛切に感じ、6年かけて「地球村への10のステップ」を開発する。

以上の経歴の後、2007年6月より日本に居住。

マルチカルチュラル・プレーイングフィールド,グローバル教育ドットコム社(MPF社)を設立し、以降、日本企業に向けて、日本のグローバル競争力を高めるための支援に従事するようになる。

そして2010年12月、FCエデュケーション社とのジョイントベンチャーとして、株式会社グローバル教育を設立し、その代表を務める。

その後、2012年8月、FCエデュケーション社とは合弁を解消し、2012年9月からはエン・ジャパン株式会社が新たな合弁パートナーとなり現在に至る。